処分される交通事故

自動車を運転するという事は、鉄の塊を動かすことになります。
一つ間違えれば、人にあたってしまうかもしれませんし、ほかの自動車にぶつかってしまうことも出てくるでしょう。
危険性も高く、乗り物の中では断トツで事故の確率が高いのも、自動車の特徴です。
しかし、自動車が便利なことも事実で、現在のところ社会の中から外すことはできません。
そのため、運転者には安全に対する義務が課せられているのです。
これは、決して軽いものではありません。

運転者が、道路交通法に定められている交通規則に違反した場合、3つの責任に問われることになります。
行政と民事・刑事という法律の責任ですが、この中で行政に対する責任が行政処分という形の点数という形で表すことができるようになっているのです。

行政処分とは簡単に言えば、交通違反に対する処分で、交通事故も含まれている点に注意しなければいけません。
点数が重視されやすくはなりますが、反則金に関する処分も行政処分となります。
特徴として、迅速に安全を確保するという必要性から、刑事裁判にかかわらず必要な措置が取られる点で、公安委員会によって下される点でしょう。
ですが、交通違反も犯罪ですので、本来は裁判で裁かれるべきですが、軽微なものに関しては点数による反則金の納付という形で処分しているのです。

交通違反の中でも、交通事故はさらに大きな処分が下る可能性があります。
点数と違反金と共に、運転者であればしっかりと認識しておくことが大切です。

Copyright © 2014 交通事故と違反点数について All Rights Reserved.